たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2011.03.11.14:46」

この時刻は、日本の災害史に永遠に語り継がれていくことでしょう・・・




3月11日朝、入試休み明けでだるい朝、私は友人のTと話しておりました・・・

Akku:明日から海外派遣になる人いるけど、NZ見たいに向こうで地震起きたり…
T:いや、こっちが地震でダメかも…

などと、不吉な話をしておりました。





14:46、音楽の授業中…
体が揺れを感じました。

とりあえず反射的にピアノの下へ隠れると周囲からの嘲笑が。
「ピアノの下が安全なんだぞ!」と思った次の瞬間。

今までにない揺れと悲鳴が…
時計が落ち、ほこりが舞い、ダメかと思いました…。
ピアノの下にいち早く隠れた事への勝ち誇った気分と、命の不安。
そして、朝の話が少し早く現実になってしまったことに対する罪悪感…




先生の指示のもと校庭に待避して、ワンセグをつけると、
…そこには津波に飲み込まれる岩手・宮古市が写っていました…


このあたりは震度5強だったようです。
その後最低限の荷物をとって、また待避。
宇都宮線は不通なので、迎えを頼むようにとの指示が。
とりあえず、電話が辛うじて通じ、矢板駅に迎えを頼んで矢板駅へ。

道中、倒れたブロック塀や停電した町並みを見て、被害のを大きさを実感しつつ到着すると、
「本日は宇都宮線運転しません」の様な旨の書かれた張り紙が…

そして寒い!
食料は辛うじて駅前商店が開いていたので買えましたが…暖を取れない!
その後、バスが休憩所となり、凍死は逃れました。

その後、2時間は待ったか、迎えが到着し、家路についたのでした…

家に帰ると、水道とプロパンガスは使えるが、依然電気が使えず。
夕食を食べ、余震が続く中、ラジオを聞きながら眠ってゆきました…










…そして12日。

氏家駅前に置きっぱなしの自転車を取りに向かいました。
ついでに周辺の様子を撮影。

IMG_2279.jpg

旧 コジマ電気氏家店(現在は新店舗に移転)。ガラスが飛び散っています。






IMG_2280.jpg

駅前。数名の方が作業をしていました。






IMG_2281.jpg

12日20:46現在も宇都宮線(東北本線)は宇都宮以北が依然不通のままです。






IMG_2282.jpg

停電のため、時計は発生時刻を指したまま止まっていました…







その後、15時頃、電気が復旧し、携帯を充電しつつテレビを見て、被害状況のすさまじさを改めて知りました。

今回の地震ではなんとか生還しましたが、東北地方を中心に人、鉄道と甚大な被害が出ています。
また、原子力災害も発生し、まるで日本が終わってしまうかのような状況です。
特に横倒しになった泥に埋まった駅や、205やE721なんて…目も当てられません。


今回の東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになった方のご冥福をお祈り申し上げますと共に、生存者、救助に当たる方の健康、そして、地域、鉄道路線の一日も早い復旧をお祈りいたします。
関連記事
スポンサーサイト
こんばんは。

時計が止まるとはかなりの地震だったようですね・・・
こちらの方も地震発生時2003年の十勝沖地震以来の大きい揺れが起こりました。
被災した地域の路線もそうですが、今日は首都圏でも計画停電により路線網が運休となっているみたいですね・・・
[ 2011/03/14 18:20 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ハリー様、コメントありがとうございます。

私ども、栃木県民にとりましては、今までに経験したことがない地震でした。
周囲が皆口を揃えて言っております。

時計が止まっていますけど、これは多分、停電による物だと思います。
揺れが直接関係しているわけではないと思われますので。

また、被害についてですが、どうも私の住んでいる地域は、比較的揺れが少なかったらしく、塀が倒れたり瓦が落ちる程度。市内の別の地区では家が半壊したり、土地が崩れた場所もあったようです。

とは言いましても私の自宅も基礎や壁面にヒビが…

それでも半壊と比べれば不幸中の幸いです・・・。
[ 2011/03/14 20:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。