たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  スポンサー広告 >  上越線 >  土合と湯檜曽~春は遠し~(04/19)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土合と湯檜曽~春は遠し~(04/19)

ときを先に書いてしまいましたが、その前後のお話を2回ほど。



DSC_1107_201404222318467d2.j<br />pg
(723M/高崎)

長岡接続一番列車に乗り込み…



DSC_1111.jpg
(1731M/水上)

いつもお世話になる1731Mに乗車。
ちなみに、沼田~水上にかけての区間ではまだ桜が咲いておりました。



DSC_1117.jpg
(1731M/土合)

「とき」の前にどこに行こうか?
と考えた結果、土合へ。

登山客を中心にそこそこ乗客が多かったのが印象的。



DSC_1118_20140422231851fad.jpg
(1731M/土合)

最近はまっている鉄道で働く人々の写真。
土合でも1枚。

列車は轟音を上げて暗闇に消えていきました。



DSC_1127.jpg

はい。

そしておなじみの487段の階段です。(個人的に「絶望の階段」と呼んでいます)
ちなみに先日の筒石は…



DSC_1242_01.jpg

こんな感じ。土合は圧倒的です…



DSC_1134.jpg

異常な達成感!
2回目ですが楽しかったです。



DSC_1138.jpg

※廃墟ではありません。現役の駅です。




DSC_1156.jpg

そして、地上へ。



DSC_1166.jpg

周辺はまだ残雪が残り、早春の雰囲気。



DSC_1174.jpg

列車がないので、バスでふもとへ下ります。



DSC_1178.jpg

そしてゆびそ温泉バス停で下車。

ここにはある目的があってきまして…



DSC_1182.jpg

先ほどの写真で左手に伸びている坂道を登っていきます。



DSC_1201.jpg

するとあらわれるのが崖の上を走る線路へ続く階段とシェルター!

ここは新清水開通前の湯檜曽駅跡(→北湯檜曽信号場→廃止)。
こんな感じで残っています。


かなり高所にある駅ということで相当不便であったようですね…
今も残っていたら面白かったかも。



DSC_1206.jpg

廃駅を楽しんだところで現駅へ。



DSC_1211.jpg

おなじみ湯檜曾ループ。
次は列車と撮りたい…



DSC_1227.jpg
(1733M/湯檜曽)

そしてトンネルホームへ。

ここで「とき」を撮った方も多かったみたいですね。


進入する列車を撮影し、土樽へ向かいました。
関連記事
スポンサーサイト

もしかして
湯檜曽旧駅から車で現駅まで乗っけた大学生かな?そうならお疲れさまでした。そうでなくてもお疲れさまでした。
[ 2014/04/23 01:00 ] [ 編集 ]
Re: もしかして
夢見が丘さん、そうですね!記事には書いていませんが旧駅から現駅までお世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます。

湯檜曽での撮影はいかがだったでしょうか?
またお会いできると嬉しいです。
[ 2014/04/23 22:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。