たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地底の底から(03/11)

いい加減、終わりにしたいのですが、あと少し…




DSC_1230.jpg
(552M/筒石)

名立を出発して頸城トンネルを進むこと数分。
かの有名な筒石駅に降り立つことに。



DSC_1231.jpg
(552M/筒石)

この駅も名立駅と同日、複線電化の新線へ移設されたわけですが、トンネル内部への設置となってしまいました。

スペース削減の為ずれたホームが特徴的です。



DSC_1234_01.jpg

湯檜曾・土合駅を経験した身なのであんまり新鮮味はないはずなのですが、この手の駅はワクワクします。

ちなみに下りホームは280段、上りホームは290段だそうで。
ちなみに土合は486段。



DSC_1242_01.jpg

しかし、やっぱり絶望しますね…この光景は。
土合より短いとはいえ…



DSC_1250_01.jpg
とりあえず駅の外へ。



DSC_1246.jpg

駅前は…まあ何もないですね。
でも、砂礫の地層が綺麗でした。



DSC_1253.jpg

筒石は高速で通過する列車の安全確保という意味合いからも委託で有人が続けられています。
まあまあ大きめの名立ですら無人なので(最近まで有人ではあったようですが)、破格の待遇です。

3セク移管後も続いてほしい光景でした。



DSC_1262_01.jpg

そして、折り返しの都合上再びの地下へ。

階段を下りている途中、列車の通過に伴う排気音が聞こえ駅が呼吸しているかのような錯覚を覚えました。



DSC_1264.jpg

ひんやりしてはいるものの、湿度が高く暖かい構内。
いい雰囲気。


DSC_1269_01.jpg

警報音が鳴り響き、列車がやってきました。



DSC_1272_01.jpg
(543M/筒石)

これで、筒石とはお別れです。
次に来る日を楽しみにしたいと思います。



DSC_1275_01.jpg
(543M/直江津)

そして、久しぶりの直江津。
これで、北陸本線とはお別れです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。