たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  スポンサー広告 >  北陸本線 >  豪雪!倶利伽羅峠!(03/10)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雪!倶利伽羅峠!(03/10)

ではようやくの2日目へ(笑)
2日目は朝は倶利伽羅峠で撮影と決めておりました。
夜の雪の影響が心配でしたが…



DSC_0128.jpg

(423M/金沢)
なんと!乗車する列車は国鉄色のA19編成を先頭とした6両編成!
余裕があったので反対側からも一枚。



DSC_0143.jpg
(423M/倶利伽羅)

列車は小雪が舞う中、山間の小駅倶利伽羅に到着。



DSC_0149.jpg

趣ある駅舎。
経営分離後は県境にあることもあり、「あいの風とやま鉄道」と「IRいしかわ鉄道」の分界点となります。



DSC_0162.jpg
(1051M「北越1号」/津幡~倶利伽羅)

雑誌などで目にするにつけ、行きたいと思っていた大カーブ(笠谷踏切)は一面の銀世界!
平日ということもあってか本日の撮影客は私の他は高校を卒業したばかりという大阪の少年のみ。
(あと、立ち去るすこしまえにもう一方)

一発目は上沼垂色の北越!
感動!!!



DSC_0172.jpg
(1081レ/津幡~倶利伽羅)

つづいては貨物!

なんと初期型627号ではないですか!
昨日は628号にあったばかりだというのに…国鉄色のせいか運が良い。



DSC_0182.jpg
(427M/津幡~倶利伽羅)

続いて北陸色と "Le Train Bleu"の併結。こういうと青一色も悪く聞こえない。
この編成のどちらかは最後の冬だったのかもしれません。



CSC_0190.jpg
(520M/倶利伽羅~津幡)

反対側も撮影出来ます。

魔改造の二男、クハ455 702が通過。

ちなみに、当日の天気は曇り時々雪一時吹雪時々晴れとでもいうような、関東の人間からしたら無茶苦茶な北陸らしい天気でした。



DSC_0194.jpg
(1003M「はくたか3号」/津幡~倶利伽羅)

続いてははくたか!



DSC_0198.jpg

はくたかの通過後、除雪作業員さんが笠谷踏切に到着。
生活道路を守るべく、除雪・融雪剤散布をしていきました。

なかなかフレンドリーな方々でよかったです。(お疲れ様でした)

こういう交流を絶やさない為にも、節度ある行動をよろしくお願いします。



DSC_0200.jpg
(4M「しらさぎ4号」・431M/津幡~倶利伽羅)

作業員さんからの応援を受けつつ撮影(笑)
これはこれでなかなか良い絵ではないかなと。



DSC_0223.jpg
(422M/倶利伽羅~津幡)

413系と455系が併結で通過!



DSC_0232.jpg
(4010M「サンダーバード10号」/倶利伽羅~津幡)

大阪の新大学生曰く、
「関西ではメモリの無駄」
と言われる683系4000番台。

スタイルこそ残念ではありますが、私は撮りますよ!(もちろん新大学生も撮っていましたが)
だって、ここを駆けるのもあと1年…



DSC_0245.jpg
(21M「おはようエクスプレス」/津幡~倶利伽羅)

普通か貨物かな?それとも?
やってきたのはたった3両の681系。

平日の通勤特急「おはようエクスプレス」でした。



DSC_0248.jpg
(424M/倶利伽羅~津幡)

先ほどの急行色が戻ってきました!
この後こちらに来るかどうか、大阪の方ともども期待が高まります。

このために少し滞在を延ばしたのは言うまでもなく(笑)



DSC_0259.jpg
(437M/津幡~倶利伽羅)

このカーブ、長編成ならいいですが短編成は厳しいですねぇ。
ピークを過ぎて短編成になったようです。
魔改造の二男が戻ってまいりました。


まだ数カットあるのですが、続きは別記事で後程。
(続く)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。