たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3セクにも注目

先日北陸を旅し、「経営分離後はどんな車両が走るのやら」と思いながら数日。

報道資料 普通列車の車両デザイン等を決定しました。(えちごトキめき鉄道 PDF)

まずは先陣を切って新潟県区間担当、「えちごトキめき鉄道」が発表。
今回は「普通車両」の発表。
こちらでは別途、キハ122ベースのイベント車2両、さらに別途リゾート車2両を用意する予定となっています。


導入車両は北陸本線「日本海ひすいライン」がキハ122ベースの新造車、信越本線「妙高はねうまライン」がE127系0番台を譲渡である旨は既知でしたが…

荒波と妙高山のデザインはシンプルながらも大胆でなかなか素敵です。

DSC_1603.jpg

DSC_1545.jpg

市振、有間川…今後はこの区間も単行気動車。

経営分離後の姿が目に浮かびます。

なお、今回の改正で475系は直江津入線が終了したとのことなので、最後の1年間は413系がメインとなるわけです。



DSC_1470.jpg

こちらの115系もE127系で置き換え。


また、原則普通列車は県境で系統分断する例が増える見込みです。
日本海ひすいラインは泊までの乗り入れ、妙高はねうまラインは妙高高原までの乗り入れとのことです。
前者は通過需要が少ないことは乗車してわかりましたが後者はなんとなく長野まで直通してほしい気もします…


あ、そうそう。
えちごトキめき鉄道って略称「ETR」なんですね…プレスに掲載の車体に貼られたロゴで初めて知りました。
今後はETR、積極的に使わせていただきます。(だって面倒…)
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。