たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  スポンサー広告 >  東北本線 >  青森の暑い夏。 ⑥弘前城よりもねぷた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森の暑い夏。 ⑥弘前城よりもねぷた。

※今回は、後半に少し鉄分を含みますので、「鉄道旅行」カテゴリーです。前回分(⑤)は「旅行(非鉄)」をご覧下さい。

さて、ついに第6回目ですが、まだまだ続きます。

IMG_9972.jpg

さて、いよいよ弘前城(弘前公園)に入城(入園)です。
この門は、追手門と言うそうで。


さて、桜の名所として名高い弘前公園ですが、とにかく広い!
何処まで行っても天守閣が見えません・・・(=Д=)゜・。



IMG_9982.jpg

で、炎天下やっとの事で天守閣前に到着。
撮影した橋は、下乗橋と呼ばれており、かつては城主でも馬や駕籠から下りて渡る必要があったとか。
但し、前回紹介した最勝寺のご住職だけは下りる必要は無かったそうで。(^▽^)

ちなみに、この天守閣、大きく見えますが3階建てと小規模で、近づくとちょっと・・・。(ー∇ー|||)
ただし、東北地方で唯一、江戸時代からの天守閣が残っている貴重な存在です。


この後、中に入ったのですが、内部には殿様の駕籠や、家来の裃など貴重な物品が展示されておりました。撮影可能だったのですが、撮りそびれてしまいました・・・


さて、その後、公園を北へ抜けようとしたのですが、この日の弘前は30℃近くまで気温が上昇しており、かつて屋敷などがあったと思われる広い敷地を延々と歩く羽目に・・・(ー∇ー|||)゜・。



IMG_9990.jpg

そして、北門を出ると、目の前に古風な店舗が。
かつてこの一帯は家来の武家屋敷が並んでいたとかで、現在は2軒のみが残っていますが、これはその一つ。石橋家住宅。
JR東日本が張り出していたポスターに登場した酒屋さんです。



IMG_9993.jpg

その後、ちょっと歩くと津軽藩ねぷた村に到着。
こちらは、ねぷたの歴史などを知ることが出来る施設です。
内部に入ると、解説員さんがねぷた(ねぶた)について紹介してくれます。



IMG_9994.jpg

ねぷたの内部構造。竹ではなく木組みなんですね。



IMG_0001.jpg

巨大な平面ねぷたと立体ねぷた。
奥には弘前のねぷた師の紹介が絵と共に飾られていました。
プロフィールを見ると、皆さん小学生頃から絵を描いている・・・(゚д゚;)
やっぱりこの絵を描くには相当な努力があるんですね~。
実は、この写真がこのカメラで通算1万枚目の写真になりました。(^▽^;)



IMG_0013.jpg

他のまちのねぷた(ねぶた)ついてなどの展示室を抜けると、窓から岩木山が・・・
ちなみにこの施設、体験工房や工芸品の製作実演&販売、津軽三味線についての展示もあり、大変楽しめました。
食事もお土産もここで買えるので大変便利です。


その後、バスで弘前駅へ・・・
弘前駅で少し時間があったので駅を探検です。



IMG_0018.jpg

自由通路から。弘南鉄道弘南線が発車待ちです。

ちなみに、後で調べると、ここでは硬券入場券も販売してるとのこと・・・



IMG_0025.jpg

駅舎を撮りそびれていました。
二つある入り口の一つ、中央口です。
立派ですな~。



IMG_0031.jpg

ホームには既に乗車するつがるが停車中。

この続きは次回!
恐らく次回が最終回?!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。