たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  スポンサー広告 >  上越線 >  晩夏の新潟遠征⑦(09/06)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩夏の新潟遠征⑦(09/06)

さて、長岡につきまして…









IMGP2222.jpg


次の越後湯沢行きまでの間に昼食休憩。
ついでに撮影です。









IMGP2227.jpg

そこにやってきたのは湘南色のL6編成!
これだけ見ていると、高崎の4両編成とほとんど変わらないようですが…(外観にもJRマークがないなどの差異はあります)









IMGP2232.jpg

中間車が骨董品なのです(笑)









IMGP2234.jpg

時代を感じさせる内装。
1000番台以前の車両であるためシートピッチも狭くなっています。









IMGP2236.jpg

よくまあこの時代まで残っていたものです。








IMGP2237.jpg

シートピッチの関係で窓割りも異なります。
ちなみに先頭車は1000番台と2000番台です。









IMGP2238.jpg

このほか3両編成にも湘南色が居ますが、こちらは車窓からそれらしき姿を目撃できただけでした…

次回訪問時にもどちらかは現れてほしいものです。(L編成は運用範囲が狭いのでまだ会いやすそうですが)
あ、上越国境での撮影というのも期待したいですね。かなりハードル高いですが(笑)









IMGP2250.jpg

こちらは長岡運転所から出庫してきた只見線用のキハ40。
災害による分断のため、検査はこちらで行っているようです。
このあと小出へ出発し、只見線の運用に入っている姿を目撃しました。









IMGP2263.jpg

さて、上越線1736Mで越後湯沢方面を目指します。










IMGP2270.jpg

そして、最後にはくたかでも撮ろうかと降りたのは塩沢駅。
昨年改築された和風駅舎でした。
…と、ここで雨が降ってまいりました。









IMGP2276.jpg

まずは681系2000番台と0番台混結の1011M「はくたか11号」。
今回は下り線は見逃したり通過に気付くのが遅れたりで全然撮れていません(泣)









IMGP2292.jpg

839M普通。
この列車はちょうど「ゆめぞら」での運転日でしたので、HK100形100番台を初撮影。
乗車も楽しいらしいと聞くので、次回は試してみたいところ。









IMGP2298.jpg

今回唯一まともに撮影出来た下り1741M。
このあたりから雨が激しくなってきました。









IMGP2305.jpg

そして最後は1013M「はくたか13号」。
写真のできは正直よくないんですが、よい記録として。









IMGP2312.jpg

さて、この列車で水上へ向かいます。
1738M。
撮影時にピントを外してしまったようです(泣)
ちなみにこの編成N14はs霜取り用にWパンタ、さらにリニューアル車であるにも関わらず菱形パンタ、そして…昨年出火事故を起こし、奇跡の復活を遂げたそうで(笑)
では、新潟に別れを告げ、群馬に戻りましょう。








IMGP2318.jpg

はい、水上です。
本当なら湯檜曾ループでも撮影したいところでしたが、悪天候とトンネルのため窓が曇って鑑賞できず…(泣)

帰りはおなじみの湘南色で帰りましょう。(746M)








IMGP2327.jpg

この後いつもの前橋への所用があるので早く帰ったのですが、もちろんこれは外せません。
渋川で追い抜いたSLみなかみを新前橋で撮影。









IMGP2332.jpg

毎度おなじみの絵でございます。









IMGP2334.jpg

で、まあ前橋に行って所用に合流しましたとさ。

ふう、これで旅も終わりです。

今回は短いながらも内容の濃い旅でした。
次回は羽越線方面を攻めたいと思う一方、冬の上越国境もいいな~と思案中です(笑)
それ以外にも行きたい地域がありますし…
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。