FC2ブログ

たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  スポンサー広告 >  上越線 >  国境越えを撮る!①(05/14)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境越えを撮る!①(05/14)


14日は講師の都合で自分の取っている大学の授業がすべて休講になっておりました。

あとは夜のサークル会議に出るだけでしたので、ちょっくら出かけて参りました。










IMGP8232.jpg

今回は上越国境のトンネル駅巡り&貨物列車撮影をメインにプランを立てて旅行してみました。
まずは上越線の始発列車で水上へ向かいます。









IMGP8245.jpg

平日でしたので、乗ってくる人も多いのかなと思いきや、朝早すぎるせいか学生もまばら、気がつくと(後閑あたりだったか)乗車車両は自分の貸し切りでした(笑)









IMGP8270.jpg

そして貸し切り状態のまま水上に到着。
新潟色の115系がお出迎えです。
湘南色もいいですが新潟色(どっかではキムワイプと呼ばれるそうですが…)もさわやかでいい物です。

ここから先は普通列車が一日に5本の超閑散区間。
セオリーならこの列車に乗るところですが…









IMGP8293.jpg

乗らずに駅北側の鉄橋で貨物を撮影です。

この鉄橋はそこそこ有名な撮影地のようですが、ちょうどアクセス道路の側溝工事の資材置き場としても使われております。
(撮影地の手前まで日中通行止)

一応、今回は作業員さんの許可を得て、撮影しています。
快諾してくださった作業員さんありがとうございます。









IMGP8300.jpg

ここでは2092レを撮影しました。

上越国境の貨物列車は現在EH200(Blue Thunder)が担当です。
私としては栃木時代になじみの薄かったこの機関車を撮ることも楽しみでもありました。

2車体永久連結はキンタで見慣れている物の、やはり山岳地帯を駆ける姿が似合います。
また、くさび形の先頭形状もヨーロッパ風で素敵ですね~。


なお、この時間は逆光気味です。
(高碕から電車で行ける最北端ですので他の場所という選択肢はほぼ無いのですが…)

この他同じ時間に下り2083レ・95レがありますが、位置と移動の関係で見送りました。









IMGP8304.jpg

撮影終了後、水上の一つ隣の湯檜曽駅へ向かいます。
しかし!一日5本の普通列車が都合よくやってくるわけがありません。
また、この後の予定の関係もありますので、歩きました!!


この日は全国的に気温が高く、高碕では30℃台まで行ったようです。
水上も当然暑かったのですが、標高や渓流のこともあってそれほど暑かった印象は無いです。









IMGP8305.jpg

ひたすら歩くと廃墟となったホテルが。
かつては賑わったであろう巨大なホテル。
水上温泉は苦戦していると聞きましたが…









IMGP8306.jpg

さらに歩くと蕎麦屋?の店先に大量の民芸品やレトロな看板。
それに混じってかなりの量の鉄道グッズが!!









IMGP8308.jpg


IMGP8309.jpg

オーナーさんも苦労して集められたんでしょう。
ただ、客引きのためとはいえ、屋外にざっくばらんに置くのは保存の観点からすると…










IMGP8315.jpg

歩くこと約1時間弱、湯檜曽駅に到着しました。









IMGP8316.jpg

湯檜曽駅の駅舎は近年改築されたコンクリート打ちっ放しの建物。
(意外と大きいですが、本体自体は内部に男女別トイレと業務室しかありません)









IMGP8321.jpg

となりには旧駅舎の土台が残っていました。
かなり規模の大きな駅舎だったようですが、末期には無人化のこともあって荒廃していたようです…









IMGP8330.jpg

湯檜曽駅から上下線が大きく分かれています。
下り線は1962年開通の新清水トンネル(13,500m)経由で山を貫く新線。









IMGP8335.jpg

いっぽうの上り線は1922年の開業当初からの旧線を使用。

湯檜曽駅の手前ではループ線を使って高低差をクリアしています。

ちなみに、画面左下にあるのが湯檜曽のまちで、小さな温泉街だそうです。
いつか行ってみたいもの。









IMGP8342.jpg

さて、上り線の見学が終わったところで、問題の下り線ホームに行こうと思います。

苔が生えた長い通路を通り…









IMGP8345.jpg

到着。
下り線はトンネル内にあるんです。
声が響くので思わず歌いたくなりました(笑)

ちなみに、この日はループ線や谷川岳を写真撮影する予定だという2人組が居ました。









IMGP8348.jpg

出口まで13km…長い。









IMGP8373.jpg

さて、やってきた電車で次の土合を目指そうと思います!


続きは次回!!
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。