たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日を忘れない。

あの瞬間、あのあと。









沢山のいのちが消え、
何気ない日常が、
街が、




消えた。














あの凄まじい日から一年。















眠れぬ夜、
続く余震、
爆発する建屋、
目に見えない恐怖、
あさましい買いだめ精神、



そして極めつけは、


あんなにも無能すぎる大人、


こんな人たちが中枢を担っていたのかと思うと腹立たしい。
振る舞いを世界から絶賛されても、誇りには思えない。

でもあの人たち以外に代わりはいない。
さらに自分は何も出来ない。

正直、今後の日本については、諦めの方が上回っているといえばそうです。




ただ、


私はまだ高校生ですし、運良くいのちは助かり、環境も周囲に比べれば恵まれています。
止まっていては進みませんから、
何らかの形で前でも、後でも、横でも、斜めでも、動きを起こしていきたいと思っています。




これから10年後、或いは数十年、100年後、どんな日本があるのか、
それは我々にかかっていると思って、
動いて、壊して、つくって、

それを見ていきたいなと思っています。

2012年3月11日14時46分
管理人:U-lineのA
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。