たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  スポンサー広告 >  合唱男子(Bass)の話 >  ざっと、合唱名曲シリーズ 平成24年度全日本合唱コンクール課題曲集 を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざっと、合唱名曲シリーズ 平成24年度全日本合唱コンクール課題曲集 を読む


本日、部活にて連盟の課題曲集が配られたのでざっと読んでみました。










以下、全日本合唱連盟のHPから引用ですが、今年の課題曲は…

[混声]
G1 Ego sum panis vivus(Giovanni Pierluigi da Palestrina 曲)
G2 Sing Lullaby(Frederick William Harvey 詩/Herbert Howells 曲)
G3 鳥のように栗鼠(りす)のように(「無声慟哭」から)(宮澤賢治 詩/林 光 曲)
G4 受付(「さよなら、ロレンス」から)(四元康祐 詩/森山至貴 曲)
   -平成23年度合唱組曲作品公募入選作品《第22回朝日作曲賞》-

[男声]
M1 O magnum mysterium(Cristóbal de Morales 曲)
M2 Linden Lea(William Barnes 詩/Ralph Vaughan Williams 曲/Julius Harrison 編曲)
M3 松の針(「永訣の朝」から)(宮澤賢治 詩/西村 朗 曲)
M4 はらへたまつていく かなしみ(「秋の瞳」から)(八木重吉 詩/松下 耕 曲)

[女声]
F1 In black mourn I(Thomas Weelkes 曲)
F2 Dirge and Hymeneal(Thomas Lovell Beddoes 詩/Gustav Holst 曲)
F3 天使(「やさしい魚」から)(川崎 洋 詩/新実徳英 曲)
F4 無門(「約束」から)(淵上毛錢 詩/瑞慶覧尚子 曲)

※各声部の2曲目のテーマは「イギリス音楽」
※G4、M3、F2、F3はピアノ伴奏。
※G1、M1はラテン語。G2、M2、F1、F2は英語。


ということです。

尚、外国語曲の訳ですが、

G1 Ego sum panis vivus …私は命あるパンである
G2 Sing Lullaby …歌え、子守歌を
M1 O magnum mysterium …おお、大いなる神秘よ
M2 Linden Lea …リンデン・リー
F1 In black mourn I …黒衣に身を包み
F2 Dirge and Hymeneal …葬送歌と祝婚歌

だそうで。

今回は昨年とはうって変わって外国語曲は英語が中心です。
(昨年はラテン語の他、ドイツ語、古フランス語、イタリア語と様々)
英語の合唱曲はあまり聴いたことがないのでちょっと楽しみです。


さて、日本語もよくよく見ますと、宮沢賢治が2つ収録されています。
ただ、両方とも同じ詩から歌詞を撮っています。

今年は東北応援!という趣旨も入っているのでしょうかね?



さて、私どもはその宮沢賢治のG3「鳥のように栗鼠のように」を選択する…?たぶん間違いない。

見た感じは変拍子で大変そうだけど、ま、それほど複雑じゃないし。


夏、何処まで高みを目指せるかの戦いが始まろうとしています。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。