たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  スポンサー広告 >  東北本線 >  ふくしまへ行こう。(11/3) ⑤485系、特急形。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくしまへ行こう。(11/3) ⑤485系、特急形。

さて、駅舎撮影も終わったところで、お目当ての「だっぱら」に乗り込むとします!







DSCN2215.jpg

車両の方は無機質に「臨時」ですが、電光掲示板にはしっかりと
那須だっぱらハイク14:28大宮」の文字が。
(正式な列車名は那須だっぱらハイク「号」ですけどね。)

こんなところで大宮行きというのもなかなか新鮮なものですが、それよりも上に「黒磯・宇都宮・上野方面」とあるのが凄い…

現代では宇都宮はともかく、上野だったら新幹線で行ってしまいそうなものですが…

東北本線が東京と東北を結ぶ路線であることを実感させられます。








DSCN2218.jpg

ホームに戻ってきました。
この列車、快速であるばかりか普通車自由席まで連結している破格の大サービス列車です。








DSCN2221.jpg

勝田の波動用485系にはイルカのマーク。
ここでイルカのマークというのはちょっと違和感ですが…








DSCN2222.jpg

発車まで室内探検としましょうか。
まずは上野方面先頭7号車。

ちなみに、K40編成はK60編成との併結に備え号車番号が「7~10号車」になっています。

もともとはビバあいづで自由席車両だった車両で、モケットが張り替えられているもののシートは旧型です。








DSCN2223.jpg

8号車~10号車は元指定席。
シートピッチは狭いですが、当時の新型シートに交換されています。








DSCN2226.jpg

10号車半室のグリーン車。
茶色を基調にした落ち着いたデザインです。








DSCN2228.jpg

ところで、クロハ481-1501の室内の車番、何故か斜体です。

他の車両でこのタイプは見たことがありませんので、1両だけのオリジナルでしょうか?








DSCN2236.jpg

とりあえず私は予算の都合で自由席に乗車することとしました。
古いシートも昔を忍ばせてくれると思うのですが、ここは快適性重視で8号車の元指定席車のシートに身を委ねました。
席は勿論窓側。

乗客は、まあ乗り鐵主体だろうなと思いましたが、新白河発車時点で20数名ほど。
席取りも大きなトラブルが起きている様子もなく余裕でした。

…こんなんで本当にだいじかいな?


その後、9524M 快速那須だっぱらハイク号は14:28、定刻通りに発車。

近郊形車両の良くも悪くも騒々しい室内に慣れている身には、余りに静かな走り出しに拍子抜けしてしまいました。

ここまで701のロングーシートや混み混みの室内、E721の驚くほど近代的な車内にがっかりしまくりでしたので余計にそう思ったかも知れません。


さすが、「特急形電車」ですね!








DSCN2238.jpg

新白河~白坂にて。
国鉄払い下げのワムフ?らしき車両が放置中。
何に使われているのやら。








DSCN2244.jpg

こう、リクライニングシートに腰掛けて、のんびりと過ぎゆく美しい車窓を眺めるのは何と気持ちの良いこと。

まさに「非日常」です。









DSCN2252.jpg

ただ、それも僅か10分でおしまい。
駅めぐりのため黒田原で泣く泣く下車です…

今回の運転は黒田原駅前集合の「駅からハイキング」に伴う企画で、今回の企画は地元高校生が企画した商品でした。

今年で3回目を迎えるという高校生企画の駅ハイ。
3年目に入って臨時列車も運転されるほどになるとは…

おや、横断幕でお見送りとは気合いが入っていますね~。








DSCN2254.jpg

心配していた乗車率ですが、黒田原から大勢の人が乗り込みほとんど定員に近い状態でした。
(指定/グリーンのクロハ481-1501に乗車した人は若干少なめでしたが…)

やはり、大宮まで乗り換えなしというところが良かったのでしょうね~。








DSCN2255.jpg

黒田原にはかつて急行が停車していた時期があったようですが、それ以来の優等列車停車かもしれませんね。








DSCN2260.jpg

14:40。
発車時、駅員と駅ハイスタッフの方が手を振ってお見送り。

手作り感があたたかいイベントは大成功をおさめたようです。








DSCN2263.jpg

その横では701が発車。
…今日はもうこっちに乗りたくないな(笑)




旅も終わりつつありますが、まだまだ写真がございます。
あと1回だけお付き合い下さい。(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
こんにちは

485の1500番代ときくと
むかし北海道にいたとのことで
親近感がわきますが
改造された車両なのでしょうかね。

そのあとに生まれた781が先に
天国に旅立っちゃいましたが(^^;
[ 2011/11/13 12:38 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Anさん、こんばんは~。

クロハ481-1501は、同じ1500番台ですが北海道向けとは全く関係のない別物です!
ちょっと紛らわしいですね~。



ちなみに、同じ勝田所属のK60編成には本物の1500番台がいますよ~。


北海道は環境が厳しいですから自然と車両の寿命も短くなってしまうんでしょうかね…(泣)
暖かい本州に戻った1500番台は、781に言わせてみれば「何だこのいくじ無し!」という感じなんですかね~。
[ 2011/11/13 19:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。