たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  スポンサー広告 >  日光線 >  鶴田散歩とからせん。 ②廃線跡に迷ってみる。(9/4)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴田散歩とからせん。 ②廃線跡に迷ってみる。(9/4)

前回から書いていて思うのですが、日光線なのにカテゴリー「宇都宮線日記」でいいのかな…

もう、区分けもめんどくさいし、いっそ、周辺路線と統合してみようかな…ということで、統合しました。






DSCN1068.jpg

さて、某高校の文化祭を見学し、鶴田駅近くの跨線橋に登ってみました。
鶴田駅は1面2線のシンプルな構造の駅ですが、構内にはなにやら広大な空き地が広がっています。


それは、かつてここに鉄道車両メーカー、富士重工業宇都宮工場への専用線があったためです。

特に気動車好きの方ならご存じの方も多いと思いますが、自動車ブランド「SUBARU」で有名な富士重は2002年までここで鉄道車両(特に気動車)を造っていました。

しかし、鉄道部門はライバルの新潟鐵工所と共に石川播磨重工業(現:IHI)に譲渡され統合、おなじみの新潟トランシスとなって現在に至ります。

その際、工場は新潟に統合され、宇都宮は現在も富士重が風力発電用の風車やゴミ収集車の荷台の製造で使用しているそうです。

実は私は、工場の現役時代を見たことがありません。
それだけに、
「あと10年早く生まれていれば…たくさんのレールバスや特急気動車が見られたのに…」
と何度も思ってしまいます。


では、これから、現在の状況を視察に歩いてみるとします!







DSCN1069.jpg

某高校の第2グラウンドを迂回し、住宅街を歩いていると、線路が見えました。
ちょうど107系が通過してゆきます。

恐らく、日光線の柵の手前が専用線跡だったと思われます。







DSCN1074.jpg

しかし、線路と並行する道は無く、しばらく歩いていると東武の宇都宮線の線路に遭遇。

たまにはこちらの宇都宮線も…と一枚。
東武宇都宮線は古豪(とはいってもリニューアル済)8000系が4両編成でワンマン運転を行っています。

東武を潜って、しばらく歩くと、東武の線路の下に草が茂っている空間を発見。







DSCN1075.jpg

これが、専用線跡です。
少し前までは線路もあったらしいですが、今では消え去ってしまったようです。







DSCN1076.jpg

その反対側。
線路があった頃の姿が容易に想像できます。

ちなみに、右側に見える建物は高校野球の県予選などで使われる清原球場です。
(そう言えば今年は作新学院がベスト4になったな…)







DSCN1084.jpg

ただ、それもしばらく進むと駐車場になってしまいます…







DSCN1087.jpg

更に進むと工場敷地に。

ゴミ収集車への改造を待つトラックのシャーシが見えます。







DSCN1088.jpg

ここで、併走する日光線の踏切が鳴ったのでカメラを向けてみると、何と、修学旅行を表示した183系がやってきたではありませんか!

全くの予想外でしたし、ちょっと写りは悪いですが、なかなか美味しいシーンを見させていただきました。

秋の修学旅行シーズンも始まったようです。







DSCN1089.jpg

ちなみに、車両は田町車両センター所属のH81編成。
8両編成です。







DSCN1096.jpg

富士重の正門付近を過ぎ、構内を除いてみると車輪が転がっていました。

なにか記念碑なのでしょうか?







DSCN1103.jpg

さて、途中で併走道路が無くなったので、迂回して引き続き歩くとします。

実は当初は駅間を歩くつもりはなかったのですが、ついつい歩いていると、中間点まで来てしまいまして…
そのまま、長大な散歩に突入しました(笑)







DSCN1107.jpg

再び日光線と合流する頃には宇都宮線との3線区間となっていました。

ここでちょうど湘南新宿ラインが通過。
そもそも湘南新宿ライン自体宇都宮以北ではなじみがありませんが、15両編成…長い。

常々、宇都宮は都会だと思います。
それで多くの栃木県民は笑われます(笑)







DSCN1108.jpg

もう足が疲れた…後1?もあるのぉ…(泣)

ちなみに鶴田~宇都宮は営業キロでは4.8?あります。
足に自身がない方は宇都宮駅でレンタサイクルを借りるなどした方が良さそうです。







DSCN1109.jpg

っ、着いたぁ!

ここでちょうど同級生と会ってしまい、怪訝な目で見られました。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。