たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  スポンサー広告 >  その他旅行時の写真 >  富山を行く。 ⑧寒すぎた、白すぎた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山を行く。 ⑧寒すぎた、白すぎた。

大分放置していました、旅行記を再開します。
もう旅行から1ヶ月近くたっていますね…









DSCN0604.jpg

ダムサイトを進み、トンネルに入り更に進んだ先に黒部湖駅があります。

ここから先の乗り物は室堂まで立山黒部貫光が運営しています。






DSCN0605.jpg

鋭い方はお気づきだったかもしれませんが、「観光」ではなく→「貫光」です。
単にもじっているだけではありません。

「貫」とは時間
「光」とは宇宙空間、大自然

創業者のかなり詩的な考えには驚きというか、感服せずにはいられません。






DSCN0607.jpg

それでは、黒部ケーブルカーに乗車します。
こちらは純粋な観光用として造られたものですが、線路を雪害から守り、国定公園の自然を破壊しないよう、全線が地下となっている類を見ない形態のものです。

なお、今年でアルペンルートは開通40周年だそうですが、このコ21形車両は開通時から活躍しているようです。

しかし、室内は大変綺麗でしたし、観光用にLEDスクロールがせっちされていました。






DSCN0610.jpg

んで、黒部平まで27%勾配を駆け上ったはいいのですが、外はあまり天気が良くない様子。

そのまま、立山ロープウェイに乗車します。






DSCN0611.jpg

乗車直後には手つかずの大自然と黒部湖が見えたのですが…






DSCN0612.jpg

すぐにホワイトアウト…
ちなみに立山ロープウェイも景観保護のため、途中に支柱を用いないワンスパン方式を日本で唯一採用しています。
その為、車窓を邪魔するものがないのですが、これでは意味がありません…






DSCN0614.jpg

で、大観望に着いたのですが、こちらは激しい雨&ガスで何も見えませんでした。

そう言うわけで外には出ず、立山トンネルトロリーバスに乗車します。
こちらは開通当初は通常のバスで運転していたそうですが、全線地下という特殊性から、快適性と環境保護の観点から平成8年にトロリーバスとなっています。

車両は8000形というそうですが、基本的に関電300形と同一の性能だそうで、車内もほぼ同様でした。






DSCN0615.jpg

で、たった10分で立山連峰の向こう側、室堂に到着。






DSCN0616.jpg

室堂はアルペンルートの最高地点にあたり、標高は2,450mあります。
栃木県民に分かりやすく説明するなら、男体山の山頂が2,484mですから、ほぼそれに匹敵する高さにいることになります。

当然ながら気温も低く、下界が30℃とかになっている中、15.6℃しかありませんでした。

当日服装は半袖Tシャツに薄手の長袖ズボン、更に薄手の長袖シャツで登ったのですが、(栃木の春・秋ならこの程度で十分です)当然足りず、寒かったこと…






DSCN0619.jpg

室堂平は晴れていたなら、遠くに残雪が見えるそうですが視界は0.5kmほどしかないとのことで、手前に原っぱしか見えません。






DSCN0620.jpg

立山の碑。






DSCN0621.jpg

雪こそ見えませんでしたがバスは沢山見えましたよ(笑)






DSCN0622.jpg

外は寒すぎるので早々と退散し、トロバスで来た道を帰ることとします。






DSCN0623.jpg

その行程は往きと大分重複するので大分省略しますが、立山ロープウェイでは大観望発車直後に残雪が見えました。

当然、すぐにホワイトアウトしましたが…






DSCN0624.jpg

続いて黒部平ではコ21形の反対側を。
平行四辺形をした車体ですから、前と後では大分顔の印象が異なります。






DSCN0625.jpg

ちなみに製造は今は無き「汽車会社」(正式社名は「汽車製造」)の制作です。
ずいぶんシンプルながら深みのある社名です。






DSCN0628.jpg

で、黒部ダムに戻って参りました。

帰路はまだまだ続きますが、とりあえずここまで。

まだまだまだまだまだまだまだ続く!
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。