たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  スポンサー広告 >  その他旅行時の写真 >  信州を行く。 ③戸隠で待っていたモノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州を行く。 ③戸隠で待っていたモノ


引き続き、非鉄の観光ネタが続きます。

ま、たまにはこんなのもいいでしょと思っています。








DSCN0345.jpg

善光寺を出て、しばらく山道を走っていますとまもなく眠くなり、気がつくと旧戸隠村の蕎麦屋の前におりました。

こちらのお店は元々近くにある戸隠神社の宿坊だったそうですが現在は完全に蕎麦屋と化しているようです。

なお、奥の建物がかつての宿坊時代からの建物だそうで重文だったっけ?
予約をすればここで宿坊料理をアレンジした料理を食べられるとか。

なお、肝心の戸隠蕎麦は写真を撮り忘れましたが、さすがに味には全くうるさくない私でも普通とは違うと感じさせてくれました。






DSCN0347.jpg

で、すぐ近くには戸隠神社(前社)。
最近パワースポットとして人気と聞いたような…

鳥居の後ろに高い木が立っていますが、こちらの木は「三本杉」と言われる杉のうちの一本で、何やら言い伝えがあるようですが詳細は分からず。
調べる気にもならないのでスルー…






DSCN0362.jpg

社殿の脇には水が涌いて流れをつくっていました。
この水は手水などに使われているようですのでかなりキレイです。






DSCN0363.jpg

こちらがご神木。杉の木だったかな。
流石ご神木です。そんじょそこらの杉とは格が違います。






DSCN0365.jpg

おっと、社殿を取り忘れていました。
緑豊かでマイナスイオンも浴びられて、先ほどの善光寺と合わせパワーをもらったような気がします。
なお、前社からかなり歩くと奥社があるのですが(途中まで車でも行けますがそこからもかなり歩くようです…)、そこには行かず、別の場所へ…






DSCN0366.jpg

ついたのは「戸隠民俗館・戸隠忍法資料館」。
そもそも私は戸隠(とがくれ)流忍法という物を知らなかったのですが、詳しいことは忘れましたが木曾義仲がどうでこうで…ま、誕生したそうです。
知りたい人はググって下さい。
現在も千葉の柏で技を受け継ぐ師範が技を伝承しているとのことですが…
柏って…都会に出てしまったんですね…






DSCN0367.jpg

敷地から戸隠山が見えました。
こういう山はまず栃木では見られませんね。






DSCN0370.jpg

で、「からくり屋敷」なる迷路をやってみたのですが、隠し扉が随所にあり、なかなか本格的な仕様ですね。
実際にこういう屋敷に住んでいたかは別として雰囲気は大分楽しめます。

こちらの部屋は「斜めの部屋」。
部屋が恐らく10°以上傾いています
別にこの部屋を通らなくてもクリアは出来るのですが、奥の出口へ行こうとする人が何人かおりました。
しかし、畳が結構滑るんですよね~。靴下はいていると余計に。
ご丁寧に手すりもありますので、クリアできないということは無いのかもしれません。
それ以前に部屋に入った瞬間頭痛がします…写真にしてしまうと何ともないんですけどね。






DSCN0371.jpg

途中の壁には武器が。
こんな物忍者が携帯できたのかな…






DSCN0378.jpg

どうにか脱出し、隣にあるどこかの商家を移築したという建物へ。
番台があります。






DSCN0382.jpg

その後、すぐ近くのドライブイン?で「蕎麦ソフト」なる物を賞味。
蕎麦の風味がしますが、個人的にはよくある黒ごまソフトとそんなに変わらない気がします。






DSCN0384.jpg

帰りの道中に長野市内の善光寺平を眺める。
いかにも「THE盆地」ですね。






DSCN0385.jpg

んで、いつの間にかまた寝てしまい、気がつくと松本に着いておりました。






DSCN0386.jpg

「愛と感謝に出会う」…
凄いな…






DSCN0387.jpg

さて夕食は松本名物(らしい)ソースカツ丼としました。
ここのお店は一見するとただのカツ丼ですが、味付けがソースと言うタイプで、ちょっとソースカツ丼の概念を変えてくれるかもしれません。
他のお店はどうなんでしょうかね?






DSCN0388.jpg

ホテルへの道中「松本ぼんぼん」と書かれた提灯が。
翌日これに驚かされるとは知らず…

まだまだ続く!
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。