たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山線も次に…(03/10)

富山駅で高山線も。



DSC_0820.jpg
(868D/富山)

ただのNDCキハ120形ですが…



DSC_0819.jpg

(868D/富山)

前後で色が違うのが特徴ですね。
こちらもDE10による貨物列車など、撮影したいネタが多いです。
スポンサーサイト

そして、糸魚川へ。(03/10)

もう春だというのに冬の画像ばっかりで…(笑)
とにかく、続けます。



DSC_0806.jpg
(4042M「サンダーバード42号」/富山)

富山に到着後しばらく時間があるので撮影。
富山に停車する特急も、「ひだ」を除けばあと1年限り。





DSC_0822.jpg
(16M「しらさぎ16号」/富山)

試しに流してみたらなんかかっこよくなった(笑)



DSC_0823.jpg
(16M「しらさぎ16号」/富山)

いなくなってしまうのは非常に惜しい気がします。北陸特急。



DSC_0827.jpg
(471M/富山)

今夜の宿は糸魚川。
普通列車に乗り込みますが、ラッシュにあたってしまい、しばらく座れず(泣)



DSC_0834.jpg
(1025M「はくたか25号」/魚津)

魚津でははくたかを退避。
付属編成は683系8000番台でした。

この道中、8000番台の基本編成は見かけず。
検査でしょうか?



DSC_0836.jpg

泊を過ぎると一気に客が減少。乗車車両は私だけに。
県境区間はやはり厳しいんですね…

しかし、こういう区間だからこそ「ますのすし」がのんびり頬張れるわけで。
テーブル撤去された延命NB工事車であるのが残念!



DSC_0841.jpg
(471M/糸魚川)

なんやかんやで糸魚川につきました。



DSC_0843.jpg
(糸魚川)

大糸線は既に終列車が終わったようで…



DSC_0848_201403282302353e9.jpg

(1060M「北越10号」/糸魚川)

一応北越も撮影してみましたが…暗い(泣)



DSC_0854.jpg

車庫にはDD16形300番台が待機中。
この後出動でしょうか?

その答えは次の記事で。



DSC_0855_201403282302380a3.jpg

隣にそびえる北陸新幹線駅舎は照明が点灯。
今夜も走行試験でしょうか…(続く)

帰省ついでに宇都宮線(03/18)

春の帰省はごろごろしてばっかりでまともな写真は殆ど撮らなかったんですが、烏山線ついでで久しぶりに。



DSC_0501.jpg
(1575M/宇都宮)

205、すっかり主力になりましたね。
しかし、改造内容からしてショートリリーフの可能性大?

さらに、黒磯駅車上切り替え廃止(2017年完成予定)の兼ね合いもあって今後の処遇が注目されます。



DSC_0518.jpg
(8009レ「カシオペア」/宇都宮)

こちらも運行終了まで秒読み…でしょうか?



DSC_0537.jpg
(1577M/宇都宮)

なんと、211がまだ残っていました!
しかもA36とは…

その後、3月24日の運転をもって黒磯口から211は撤退したようです。
私をこの趣味に走らせた要因の一つなだけに、ちょっとさびしい限り。
長らくの活躍お疲れ様でした。

これからは高崎で撮りまくります。



DSC_0545.jpg
(859M/宇都宮)

日光線では205にしてから不具合が多いとかどうとか…



DSC_0553.jpg
(1579M/宇都宮)

205は故障という面もあって評判は芳しくないようですが、乗車してみると意外と悪くないもんです。
(そりゃ211やE233の方が快適ではありますが。)

次回はしっかりと撮りまくりたいところ。

4月もネタが多いですねぇ。高崎。(ときにまつわる話題)

とりあえずまとめ。

団体臨時列車「思い出の特急とき号」で行く日帰り新潟の旅 (JR東日本 えきねっとPDF)

2014年4月19日に183系で運転が決定。
これは行くしかないですね。
群馬県内だとどの辺が撮影に最適でしょうか?


新幹線のときにも話題が。

上越新幹線(E4系)のエクステリアデザインが生まれ変わります!(JR東日本新潟支社 PDF)

なんと朱鷺色にイメージチェンジ!

今後置き換えが進むと予想されるだけにどれだけ変更が進むのか気になるところですが、E4のラストは朱鷺色で終わりそうですね。

次は乗車!

別記事で予告した氷見線単体。



DSC_0796.jpg
(542D/高岡)

たらこ色のキハ40は宇都宮や新潟で見慣れていますが、こちらは西日本特有の更新車。
氷見線はDE10牽引の貨物列車や雨晴海岸などと合わせて是非次回訪問したいところ!

天気に翻弄、小矢部川!(03/10)

石動下車後、目的の小矢部川橋梁へ…



DSC_0758.jpg
(1012M「はくたか12号」/福岡~石動)

途中非常に天気がよかったのですが、雪雲がやってきてかなりひどいことに…
さすがにこれで退散!と思ったのですが、すぐに持ち直しましたので、戻りました(笑)
このロスでサンダーバードや普通列車を逃したのは内緒です(笑)



DSC_0775.jpg
(8001レ「トワイライトエクスプレス」/福岡~石動)

この通りの持ち直しっぷりです(笑)

トワイライトは少し移動して正面から撮ってもよかったかも。



DSC_0770.jpg
(1056M「北越6号」/福岡~石動)

この写真が一番決まりました!

T編成で何よりです。



CSC_0778.jpg
(14M「しらさぎ14号」/福岡~石動)

しらさぎも。
結構特急の本数が多いので飽きませんね~。

とりあえず、日程の関係でここで切り上げです。



DSC_0785.jpg
(554M/福岡~石動)

が、普通列車も移動中にもちろん撮影。



DSC_0789.jpg
(465M/石動)

ちょっと間に合合わなければ次の列車で…と思っていたのですが、幸い5分ほど遅れていたため間に合いました。
本気で間に合わせるならもう少し走るなどしないといけないでしょう。

ちなみにこの編成、写真撮り忘れましたが、ドア付近が黄色くなっていたり床材が新しかったり、どうやらあい鉄に譲渡対象?



DSC_0794.jpg
(1057M「北越7号」/高岡)

ちょっとどころか完全に失敗写真ですが退避中に一応。



DSC_0798.jpg

(465M・542D/高岡)

氷見線とも絡めて。

氷見線単体も撮影していますが、これは別記事で。


さて、とりあえずは富山駅へ向かいます(続く)

石川から富山へ。(03/10)

金沢駅へ戻りまして…



DSC_0682.jpg
(1017M「はくたか17号」/金沢)

ホームへ上がるとはくたかが増結作業を実施中。



DSC_0684.jpg
(846M・1017M「はくたか17号」/金沢)

何とも北陸的な風景。



DSC_0694.jpg
(846M・1017M「はくたか17号」/金沢)

色合い的にもばっちりな並びです。



DSC_0696.jpg
(1054M「北越4号」/金沢)

もちろん北越も撮影です。



DSC_0707.jpg
(457M/金沢)

それでは、まずは富山県を目指します。
…と言いたいところでしたが、サンダーバード17号の接続待ち&先行で10分ほど遅れ、その後津幡でしらさぎ7号を退避し結局15分遅れぐらいになっていたと。



DSC_0714.jpg

金沢出発直後、新521系が車窓に。
これからの主力ですね。



DSC_0717.jpg

石動到着直前。
スーパー特急計画の名残で北陸本線が近接します。

もしかすると、ここを681系が走っていたかもしれません。



DSC_0718.jpg
(457M/石動)

では、富山に入って最初の駅、石動で下車し撮影です。



DSC_0732.jpg
(459M・444M/石動)

青同士とはいえ、この並びも貴重でしょうね…



DSC_0725.jpg
(石動)

側線に目をやると、なんと完成したばかりの新型除雪車キヤ143形が試験中!!

まさか見られるとは。



DSC_0745.jpg
一応、気動車らしいです。
トイレまであるらしいです。

今後大糸線などにも導入ですかねぇ。



DSC_0747.jpg

石動駅前。

新幹線に翻弄された街です。

それでは有名撮影地へ…(続く)

金沢満喫(03/10)

2日目の倶利伽羅峠と並ぶメインは金沢観光。4時間ほどで主要な名所をぽつぽつと。
とりあえずざっくばらんに。



DSC_0516.jpg

まずは兼六園。
丁度名物?雪つりが終わろうとしていたころでしたので、急行型共々丁度良かったと。
有名な琴柱灯篭。



DSC_0527.jpg

こちらは根上の松。
成長後少しづつ根を露出させて成長させた力強い松の木です。
市振の海道の松とはまた違った力強さ。



DSC_0533.jpg

隣接する前田家の御屋敷「成巽閣」。
内部は撮影禁止でしたが、襖の下に描かれた動植物の絵やE7系グリーン車がデザインの参考とした群青の間(天井が青い!)など、見どころ満載の美しいお屋敷でした。



DSC_0551.jpg

全国各地の名梅を明治時代に集めたという梅園。
雪が降る中、力強く八重の紅梅が開花しておりました。



DSC_0580.jpg

広大な庭は降雪や積雪もあって、どこを見渡しても墨絵のような素晴らしい光景。



DSC_0587.jpg

この噴水、なんと江戸時代からのものだとか…
日本庭園に噴水はかなり珍しいそうです。



DSC_0593.jpg

結構端の方にあった瓢池と翠滝。
穴場です。



DSC_0598.jpg

その他金沢城、



DSC_0629.jpg

町屋も見学。
(旧涌波家住宅母屋&正田善嗣家)

特に写真奥の前者はトイレ休憩所として活用され見学できます。



DSC_0626.jpg

図では見たことがある金沢町屋も、こうして実際に見られるとは…



DSC_0636.jpg

ひがし茶屋街なども見ましたが、それよりもちょっと路地に入ったところの方が趣深いもので。



DSC_0639.jpg

大正時代からの浅野川大橋



DSC_0665.jpg

近江町市場



DSC_0666.jpg

武蔵辻付近の交番。
あら、211系顔の車両って、金沢に居たっけ…?!



DSC_0667.jpg

よく分からない芸術作品。

こういう新しいものも取り入れられているのが金沢の面白いところ。



DSC_0673.jpg

金沢駅に戻ってきました。



DSC_0677.jpg

何度見てもすごいですよね…鼓門。



DSC_0678_201403241905247af.jpg

金沢はこれでおしまい。
東を目指します。(続く)

金沢観光の前に(03/10)

大満足の倶利伽羅峠から戻り…
※どうでもいい話ですが、記事番号が521番…

DSC_0486_20140324120427c62.jpg
(534M/金沢)

金沢に戻ってまいりました。
乗車車両はデッキ部分の扉を撤去した近郊型化改造編成。
このタイプの編成はドアが手動なのですが、デッキが撤去されない編成は自動のままなので幾度となく混乱した次第。



DSC_0487.jpg
(1053M「北越3号」/金沢)

倶利伽羅峠の新大学生はこの列車も狙うようでしたが、私は留置線の様子からリニューアル編成と踏んで金沢で適当に。
ま、いずれ見られなくなりますので(笑)



DSC_0504.jpg

もてなしドームにて。

いよいよ…あと1年なんですね。

それでは、金沢観光と参ります。(続く)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。