たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あすの上信は区間運休だそうで。(ついでに10/14の写真)

明日、上信では倒木撤去の為南蛇井~下仁田を区間運休するとのこと。
南蛇井駅~下仁田駅間の区間運休について(PDF)

イレギュラーな「南蛇井」表示が見られそうです。

IMGP3141.jpg

実は先日、鉄道の日に南蛇井には行ってきました。









IMGP3142.jpg

駅名のユニークさもさること、上信は各駅にレトロな意匠が残っていて見飽きませんね。

スポンサーサイト

7000系徹底(?)解剖!(11/02)

さて、個人的に最も楽しみだった7000系の展示に向かいます!

IMGP3771.jpg

まずはクハ7500側を撮影。

下塗り状態のまま、「ワンマン 下仁田」を表示しての展示でした。
塗装の発表もあるのかなと思いましたが、イメージイラストどころか、新車の紹介らしい紹介もなく…
ちょっと期待しすぎましたかね(苦笑)










IMGP3779.jpg

やはり…バンパーが目立ちますね。
車との衝突事故も比較的多い地方私鉄、安全第一という姿勢は素晴らしいですが、ちょっとスカートの処理が今一…下向きに見上げて撮らないことが美しく撮るコツのようです。










IMGP1652.jpg

そもそも、上信は(私が大好きな)1000系でパンパーを装備して以降、6000系、デハ250形にバンパーを搭載しています。(デハ250形は連結時の手間を考慮しのちに撤去)

比較的、衝突対策にこだわる会社のようです。










IMGP3774.jpg

側面。新潟製ということもあり、どことなくNDCを彷彿とさせます。
果たしてどんな塗装となるのか、注目です。










IMGP3791.jpg

裏側に回ってこちらは2週間前に搬入されたばかりのクモハ7001。

ん、手前にデキ氏が(笑)










IMGP3775.jpg

台車も撮影。
上信初のボルスタレス台車。形式はクハがNF05T、









IMGP3795.jpg

クモハはNF05Dでした。








IMGP3793.jpg

ググれば詳しく解説されているブログさん(←相互リンクさせていただいています)もありますので、詳細は割愛しますが、一応。
これはバンパー上の踏み台。









IMGP3794.jpg

連結器。いわゆる自動連結器です。









IMGP3796.jpg

室内も何とか撮影。
セミクロスが目新しいですね。

とまあ、今回はこんなところです。
なお、7000系は既に構内試運転を実施している模様ですので、本線試運転や塗装の決定、営業開始も近いのではと思います。

まあ、遅くとも2014年春にはデビューでしょうね。
楽しみが増えていく今日この頃です。

上信電鉄鉄道感謝フェア2013(11/02)

では、昨日のデキに引き続き、上信電鉄鉄道感謝フェア2013の模様です。
デキを撮影した後で向かったので、デキの展示などは見ていません(笑)


なお、7000系関連は別記事とします。


IMGP3747.jpg

入口の脇ではデハ205がパンタを上げて車掌体験に活躍。
となりでは検査中のクモハ501と7000系導入に伴う廃車候補デハ203が並んでおります。









IMGP3757.jpg

ED317も展示。(ちょっと、看板立てかけないで…)
ホキを連結しての展示でした。
こちらの車両は伊那電気鉄道(のちの飯田線)から国鉄を経てやってきた車両で、凸形の車体を箱型にする魔改造を経て現在に至ります。(実はデキ1よりも1年古いというのは内緒!)

車籍は残っており、走行も可能なようですが何分検査を受けていませんので、本線走行は難しいようです。











IMGP3804.jpg

内部も公開されていたので、見学。こちらは運転台。










IMGP3808.jpg

抵抗器やらがそのまま置いてあり、何やら感電しそうでしたw









IMGP3751.jpg

目玉の一つ?だったモーターカー乗車体験。

折角なので参加してきました。









IMGP3765.jpg

降車時に撮影。
天井が低く、窮屈な室内でした。









IMGP3799.jpg
155Fは下仁田町が観光紹介ブースとして使用したほか、子供向けに運転士体験?をやっていたようです。

その隣では高所作業車体験も実施。
JR東日本のマークがある「とちぎ」ナンバーのいすゞエルフでした。

こちらも乗車してみましたが…










IMGP3820.jpg

はい。
まあ、こんな感じです。検修庫では7000系が組成されて展示されていました。(詳細は別記事で)
なお、高所作業車には安全帯で固定されていましたので、立ち上がることは出来ず、あまり高い感じがしなかったですね(笑)

















IMGP3772.jpg

検修庫内では7000系(7001F?)の展示のほか、クモハ502が修繕途中。
ジャッキアップ体験も行われたようですが、その時私は山名に居ました(笑)









IMGP3815.jpg


車両関係ではこんなところですが、面白いところでこんなものが。
わっしーさんがはるばるみどり市からやってきたようで。
そして…「デキ」。
職員さん手作りのキャラクターのようです。
このほかにもパンダの被り物をした乗務員氏なども居りまして、上信という会社はシュールだなとおもったのでした。

デキのほかに。(11/02)

デキの前後に撮影した列車を。

IMGP3675.jpg

24レ。うむむ、相変わらず好きになれない。









IMGP3687.jpg

21レ。
503F赤塗装復活希望ではありますが、現行塗装もこれはこれで愛嬌あっていいかなとも(笑)









IMGP3700.jpg

デキの直前にやってきた23レはしまうまでした。

デキ、走る。(11/02)

「上信電鉄鉄道感謝フェア2013」に伴うデキの特別運転。

もちろん撮影してきました!
今回は前回と異なりデキが重連、しかもデハ200形使用らしい、ということでしたので、一層楽しみにして向かいました。


IMGP3716.jpg

往路は高崎商科大学前~山名で撮影。
この場所は光線的にも決まっているので、もっと人はいるかなと思いましたが私のほかにはほぼ同時にやってきたお一人のみ。おかげでのんびりと撮影出来ました。(意外と知られていないポイントみたいです。アクセスいいのに…)

ゆっくりと迫ってくる重連デキ。しかもパンタは3連続というど迫力の構成…。


ヘッドマークは特別運転時によくつけられる妙義山を描いた「デキ」でした。なかなかお似合いです。


編成は下仁田側から
デキ1+デキ3+デハ204+クハ304
でした。









IMGP3826.jpg
上信電鉄鉄道感謝フェア2013を見学後、復路も撮影。
当初は撮るつもりはなかったんですけどね(笑)

とりあえず近場の南高崎~高崎で撮影。
こちらは会場も近いせいかそこそこの混雑でした。

こちらは7月21日に運転された上信主催の団体列車と同じものでした。
12月には118周年にはなりますが、117周年の最後を飾る素敵な運転になりました。


上信電鉄鉄道感謝フェア2013については別記事で書きますので、お楽しみに。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。