たかさきのさきのきたたかさき!

ぜんぶ、雪のせいだ。 この度の豪雪で被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。
たかさきのさきのきたたかさき! TOP  >  その他旅行時の写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢満喫(03/10)

2日目の倶利伽羅峠と並ぶメインは金沢観光。4時間ほどで主要な名所をぽつぽつと。
とりあえずざっくばらんに。



DSC_0516.jpg

まずは兼六園。
丁度名物?雪つりが終わろうとしていたころでしたので、急行型共々丁度良かったと。
有名な琴柱灯篭。



DSC_0527.jpg

こちらは根上の松。
成長後少しづつ根を露出させて成長させた力強い松の木です。
市振の海道の松とはまた違った力強さ。



DSC_0533.jpg

隣接する前田家の御屋敷「成巽閣」。
内部は撮影禁止でしたが、襖の下に描かれた動植物の絵やE7系グリーン車がデザインの参考とした群青の間(天井が青い!)など、見どころ満載の美しいお屋敷でした。



DSC_0551.jpg

全国各地の名梅を明治時代に集めたという梅園。
雪が降る中、力強く八重の紅梅が開花しておりました。



DSC_0580.jpg

広大な庭は降雪や積雪もあって、どこを見渡しても墨絵のような素晴らしい光景。



DSC_0587.jpg

この噴水、なんと江戸時代からのものだとか…
日本庭園に噴水はかなり珍しいそうです。



DSC_0593.jpg

結構端の方にあった瓢池と翠滝。
穴場です。



DSC_0598.jpg

その他金沢城、



DSC_0629.jpg

町屋も見学。
(旧涌波家住宅母屋&正田善嗣家)

特に写真奥の前者はトイレ休憩所として活用され見学できます。



DSC_0626.jpg

図では見たことがある金沢町屋も、こうして実際に見られるとは…



DSC_0636.jpg

ひがし茶屋街なども見ましたが、それよりもちょっと路地に入ったところの方が趣深いもので。



DSC_0639.jpg

大正時代からの浅野川大橋



DSC_0665.jpg

近江町市場



DSC_0666.jpg

武蔵辻付近の交番。
あら、211系顔の車両って、金沢に居たっけ…?!



DSC_0667.jpg

よく分からない芸術作品。

こういう新しいものも取り入れられているのが金沢の面白いところ。



DSC_0673.jpg

金沢駅に戻ってきました。



DSC_0677.jpg

何度見てもすごいですよね…鼓門。



DSC_0678_201403241905247af.jpg

金沢はこれでおしまい。
東を目指します。(続く)
スポンサーサイト

南海の島へ。(11/30) ④戦跡地を訪ねる。 後編

引き続き、戦跡地を巡ります。









南海の島へ。(11/30) ③戦跡地を訪ねる。 前編

修学旅行もいよいよ2日目に突入、2日目は団体行動で、沖縄本島南部の戦跡地を訪ねました。

南海の島へ。(11/29) ②赤い宮殿

さて、前回の続きで、今回は首里城をメインに紹介します。









南海の島へ。(11/29) ①最後の鉄分補給


いやはやっ、修学旅行から帰ってきてから色々と忙しく、しばらく更新できていませんでしたが、今日からいよいよ、沖縄の旅行記を掲載開始と致します。










信州を行く。 ⑩完結編。~歴史の証人、信州~

え、今頃?と言う方も多いでしょう。
かれこれ連載はおよそ3ヶ月に渡る長期になってしまいました。

しかも最近は色々と放置していましたが、今回は完結編になります。







ググッと群馬な認欠。 ③社会科見学in富岡製糸場

さて、高崎の朝を満喫した後は、例によってすぐ帰らなくていいとのことですので、仲間と共に観光となりました。

さすがに授業休んでいると言うこともありますので、バリバリ遊ぶわけにもいかず、社会科見学です!
(遊んだことは遊んだのですが、諸般の事情によりうpできません。悪しからず。)






信州を行く。 ⑨115系とぼんぼん。


なかなか遅々として進まない旅行記。
今回で一応2日目は終了です。








富山を行く。 ⑧寒すぎた、白すぎた。

大分放置していました、旅行記を再開します。
もう旅行から1ヶ月近くたっていますね…










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。